The Japan Association for The History of Castle

Start content

日本城郭史学会とは

日本城郭史学会は、城郭とこれに関連する歴史・史跡・文化財に関する研究調査機関と、研究者と一般愛好者による全国組織からなる団体です。
当会は昭和46年春に設立された日本城郭資料館調査会の活動を引き継ぎます。昭和57年より鳥羽正雄博士・杉山博東大教授らが中心となり、日本城郭史での構造・技法編年を歴史科学的に確立するための運動の中心として当会の名称になりました。当会の活動は、毎月行われているセミナー/見学会および市町村委嘱の発掘調査現地説明会等の催し物と、情報誌「城郭だより」、紀要『城郭史研究』の刊行・配布などです。各地の支部活動や分野別の研究調査なども活発に行っています。

城郭史セミナー・見学会開催予定

「当会からのお知らせ」から、今後開催されるセミナー、見学会の予定をピックアップ。
日本城郭史学会では、毎月セミナーまたは見学会を開催しています。非会員の方もご参加いただけます。

2022年1月度 見学会 下総本佐倉城

千葉氏の居城として知られています。関東を代表する戦国城郭の一つとして続百名城にも選定されています。調査や整備も行われている国指定史跡で、発掘調査で多くの建物跡や門跡が発見されました。

詳細を見る

2021年12月度 見学会 武蔵 腰越城・中城

両城ともに、遺構がよく残っています。とくに腰越城は堀切・竪堀、横堀、見どころがいっぱいです。是非ご参加ください。

詳細を見る

2021年11月度 見学会 下総臼井城

上杉謙信の生涯でたった二回の敗戦の一つで、生涯最大の敗戦といわれる「臼井城の戦い」の舞台となった下総臼井城を訪れます。

詳細を見る

Blog

PAGE TOP